予防歯科 - 杉並区荻窪の歯医者 川口歯科クリニック

杉並区・荻窪の歯科医院、歯医者さん - 川口歯科クリニック

ソアビル歯科医院

 予防歯科

予防歯科とは

痛くなってからでは無く、痛くなる前に という姿勢を目指して

scaling.jpg予防とは、読んで字のごとく、「予め、防ぐ」という意味です。
昨今の医療界では、この言葉に非常に重きをおき、今までの悪くなってから治すという医療のみならず、悪くなる前に病気となる原因を発見し、早期に絶つという医療が重要視されております。

歯科医療においても虫歯や歯周病などの病気になってからの治療だけではありません。痛くなる前にお口の中の健康を守り、また増進するための、積極的な医療もあります。 つまり、病気の原因から治す方法です。これがもっとも効果的です。

とりわけ歯科においては、虫歯や歯周病などの病気になったら元通りならない場合もあります。また病気になると、ただ一本の歯を失うだけでは止まらず、心身の健康を含めた大切なものまで失ってしまいます。虫歯だから削って詰めましょう、痛いから神経をとりましょう、揺れてきたから抜きましょう…これが今までの歯科医療です。
予防歯科とは、虫歯や歯周病に限らず、口の中のあらゆる所を検査します。
たとえば、顎の骨や顎関節をはじめ、舌の粘膜の状態、口の中の癌の有無、噛み合わせや歯並び、唾液の量や質など。細かい検査を定期的に行うことにより、見落とされがちな口の中の疾患を早期に発見することができます。
また大きな効果として、自分の口の中の状態を正しく知ることで、口の健康に対する意識が高まるという事があります。
検査だけでなく今後の生活での注意点や、その人にあった歯磨きの指導ができます。
早期発見、早期治療につとめ、もとから虫歯をつくらないようにするための知識の習得と意識の改善、これが最も重要なのです。自分の歯は自分で守りましょう!

当院では年齢、お口の中の状態に合わせた予防システムでむし歯、歯周病予防を行っております。むし歯の予防法はその年齢ごとによって注意点も変わりますし、使用する予防器具(ブラシなど)も変わってきます。
食生活、治療した歯の本数などのさまざまな情報を元に、その人個人によって異なるむし歯になるリスクの原因を突き止め、改善していきます。
小児(乳幼児・児童)を対象にフッ素塗布や予防プログラムも取り入れております。

定期的な検診とマウスクリーニング(PMTC)

当院では、担当歯科衛生士制に基づき、プロによる専用の器材を使った定期的なマウスクリーニングを実施しております。歯の表面上の汚れ(お茶、赤ワイン、喫煙による汚れなど)も取り去ることができます。クリーニングを定期的に行なっていると虫歯や歯周病の再発率が10分の1以下になるという北欧のデータがあります。

むし歯のメカニズム

むし歯は、お口の中のむし歯菌が私たちの食べた食物をエサにして強い酸を出し、その酸によって歯が溶けてしまう病気です。

むし歯のメカニズム『むし歯菌の量』、『歯を守る力』、『食生活習慣』
これら3つをコントロールすることでむし歯を予防することができます。
むし歯のメカニズム

むし歯菌

むし歯菌むし歯は、お口の中のむし歯菌が出す強い酸によって歯が溶けてしまう病気です。
むし歯菌の量が多いと出される酸の量も増えるため、むし歯になりやすくなってしまいます。


むし歯菌は、いつ頃どこからやってきて、お口の中に住みつくのでしょうか?
むし歯菌


むし歯が多い人は・・・
プラークを除去しましょう!プラークを除去しましょう!
ご自宅での丁寧な歯みがきを心がけ、定期的に歯科医院に通ってプロケアを受けましょう!

歯を強くしましょう!
フッ素を効果的に使い、酸に溶けにくい丈夫な歯にしていきましょう!

食生活に気をつけましょう!
食べ物の中の糖分がむし歯菌のエサになります。規則正しい食生活がむし歯予防にも効果的です。むし歯菌がいるからといって誰しもがむし歯になるわけではありません。

お子様の虫歯予防

yobo13.gif人間のお口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。
しかしむし歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には住んでいません。
様々な研究結果から、むし歯菌は、乳幼児期に主に保育者から感染することがわかっています。

yobo14.gifむし歯菌に感染する時期が遅ければ遅いほど、その後のむし歯の本数が少ないと言われています。
子供のむし歯予防には、むし歯菌の感染をなるべく遅らせることが大切です。


yobo15.gif

yobo16.gifむし歯菌は唾液を介して子供に感染するため、口移しで子供に食べ物を与えたり、スプーンや箸を共用すると感染の恐れがあります。
しかし、お母さんのお口を清潔に保つことで感染はある程度妨げることがわかっています。子供とのスキンシップを絶ってまで感染に対して神経質になることはありません。

唾液の働き

唾液の働き唾液は私たちの歯をむし歯から守ってくれています。
唾液の量が多い人や唾液の質(むし歯から守る力の程度)が良い人はむし歯になりにくいといえます。
食事の時にはよく噛んで唾液をなるべくたくさん出すようにしましょう!

唾液の歯を守るはたらき唾液の歯を守るはたらき

  • むし歯菌や食べカスを洗い流すはたらき
  • むし歯菌が出した酸を中和するはたらき
  • 溶かされた歯を修復するはたらき
  • プラーク(歯垢)の形成を抑えるはたらき


yobo21.gif

  • よく噛んで唾液を出しましょう!

よく噛んで食べることで、唾液の分泌量が増えます。

  • シュガーレスガムを噛むのも効果的

ガムを噛むことで唾液の分泌量が多くなります。
キシリトールなどのお口の健康を守る効果のある製品を積極的に使用しましょう。

  • 水分補給をしっかりしましょう!

お口の中が乾かないようにお茶や水などの糖分の含まれていない飲み物を飲みましょう!

食生活

規則正しい食生活習慣が歯を守ります。

yobo22.gif
食事のたびにむし歯菌が酸を出して歯を溶かしますが、唾液のはたらきによって溶かされた歯は修復されます。
ところが飲食の回数が多かったり、糖分を含む食べ物をだらだらと食べ続けると、歯が溶ける量(赤い部分)に唾液の修復作用(青い部分)が追いつかなくなり、むし歯になってしまいます。
yobo23.gif

むし歯菌のエサになる食べ物って?
yobo24.gif糖質は私たちの体をつくる大切な栄養素で、様々な食品に含まれています。むし歯菌はこの糖質をエサにして酸を出し歯を溶かしますが、糖質とはお砂糖だけのことではありません。米やパンなどのいわゆる炭水化物全般が、たとえ甘くなくてもむし歯菌のエサになります。

間食は時間を決めましょう!
yobo25.gif間食にメリハリをつけて、だらだら食いをしないようにしましょう!


キシリトールなど、お口の健康を守る効果のある食品もあります。
下記のマークが付いている製品は特に信頼性の高いものです。

hanoanzen01.jpg歯に信頼マーク
歯垢のpHが5.5以下になると歯が溶け出し、虫歯の原因になりますが、食べてから30分以内に歯垢のpHが5.7より下がらない歯に安全と証明された食べ物に表示されています。


tokutei.jpg特定保健用食品
食品中に含まれる特定の成分が、健康の保持・増進に役立つことが科学的に証明されている製品に表示されています。

プロケアとホームケア

pmtc.jpgお口を健康に保つためには、ご家庭でのホームケアと歯科医院で行うプロケアと両立させることが必要です。

専門家による歯科医院でのお手入れ(PMTC)
お口を健康に保つためには、ご家庭でのホームケアと歯科医院で行うプロケアを両立させることが必要です。
プロケアは、あなたが生涯にわたって健康なお口を保てるよう、下記の内容をあなたにとって最適なタイミング、頻度で行っていきます。



yobo29.gif

yobo30.gif歯のクリーニング

専用の器具を使ってご家庭での歯磨きでは落としきれない汚れ(バイオフィルム)を落とします。むし歯や歯周病の予防になるだけでなく、歯が本来持つ白さや輝きを取り戻すことができます。

yobo31.gif歯石の除去

プラークが石のように固まってしまったものを歯石といいます。強力に歯にくっついているため、歯磨きでは落とすことが出来ませんから定期的に歯科医院で専用の器具を使って落としてもらいましょう。

yobo33.gifフッ素塗布

家庭では使えない高濃度のフッ素を塗布します。
低濃度のフッ素が入った家庭用の歯磨剤と歯科医院での高濃度のフッ素塗布を組み合わせていくと効果的です。

yobo34.gif歯磨き指導

ご家庭でのお手入れをより良く行うために、あなたのお口に合ったお手入れ方法をご案内します。

物理・科学的清掃方法

歯ブラシの使い方
yobo36.gif・噛む面は歯ブラシをまっすぐ当てて、溝から汚れをかき出すように細かく動かします。

・歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に45度に当てて、軽い力で細かく動かします。

・前歯の裏側は歯ブラシを縦に入れて磨きます。



歯のお掃除
歯ブラシを使って丁寧に歯磨きをしても、プラーク(歯垢)は、完全には取り除けません。歯と歯の間には毛先が届かないからです。

yobo38.gifデンタルフロス
糸を歯の側面に沿わせてゆくりと前後に動かしながら挿入します。
ホルダー付と糸巻きタイプがあります。
なれていない方にはホルダー付が使いやすいでしょう。

yobo39.gif歯間ブラシ・ワンタフトブラシ
歯と歯の隙間があいている場合や歯並びが悪いところは、歯間ブラシやワンタフトブラシが適していることもあります。



yobo40.gif歯みがきや歯間の清掃の他、薬用成分の入った歯磨剤や洗口剤を有効に使ってお手入れをしていきましょう。

ホームケア ~家庭でのお手入れ~
yobo42.gif歯磨剤
歯磨剤は汚れを落とすという目的の他に、むし歯や歯周病などを予防する薬用成分を歯や歯肉に作用させるという役割があります。薬用成分の含まれたものを使用するようにしましょう。むし歯予防には特にフッ素が有効です。


yobo43.gif洗口剤 (うがい薬)
洗口剤は、歯ブラシが届きにくい歯と歯の間や歯肉の境目の細菌を殺菌します。また、プラーク(歯垢)をつきにくくしたり、むし歯や歯周病、口臭を予防するのみの有効です。フッ素の入った洗口剤は特にむし歯予防効果が高いので、お子様におすすめです。


yobo44.gif

  1. 歯ブラシに1cm以上(1g以上)の歯磨剤をつける。(6歳未満では5mm以下)
  2. 歯磨き前に歯磨剤をお口全体に広げてから歯磨きをする。
  3. 歯磨剤を吐き出さずにコップに1cmくらいのお水で1回だけ30秒間ブグブグうがいをする。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

スケーリング
歯に付着したプラークや歯石、その他の沈着物などを器械的に除去する事です。
ルートプレーニング
汚染された根面のセメント質や象牙質を除去して、硬くなめらかな根面にすることです。
両方の操作で歯肉の炎症はなくなり、歯周組織がさらに破壊されるのを抑制します。

歯肉縁下のルートプレーニング(SRP)
yobo4.pngキュレットは歯周ポケットへ挿入し、根面に対してキュレットの表面の角度が0゜に近いことに注意します。






yobo5.png歯周ポケットの底部をキュレットの刃の遠心切縁で確認します。







yobo6.pngキュレットはスケーリングのためのカッティング位置に向きを変えます。







yobo7.png刃は歯石を除去するために、スケーリングのストロークで根面に沿って動かします。






yobo8.pngSRPは患者様の負担もあり、一般的に1回の治療で4~6歯の範囲で行います。


SRPで歯周組織改善

初診時

yobo9.pngyobo10.png
歯肉に発赤、腫脹がみられ歯周病が進行しています。

SRP前

yobo11.png

SRP後

yobo12.pngyobo13.png
スケーリング・ルートプレーニングにより炎症が治まり、
口腔内の環境が改善しました。

補綴治療後

yobo14.png

歯肉縁下のSRPに入るタイミング

  • ブラッシング時に出血しなくなる。
  • 歯肉の発赤、腫脹が治まる。
  • ブラッシングにより、見た目にも歯肉の状態が改善されてからSRPを行います。

SRP後の知覚過敏について
セメント質や象牙質表層部まで除去され、象牙細管が露出するために知覚過敏が起こります。通常は1週間がピークで象牙細管が石灰化して2~3週間で消えていきます。

麻酔の使用について
深い歯周ポケット底のSRPは、患者様によっては多少痛みを伴うことがありますので、事前に麻酔をしてから処置します。

むし歯のメインテナンス

歯科医院には悪くなったときに行けばいいと思っていませんか?
一度治療した歯はむし歯になりやすく再治療の可能性が高くなります。

定期的に歯科医院へ通うことの4つのメリット

  • むし歯のなりやすさを検査してもらえる
  • 歯磨きでは落としきれない汚れをクリーニングしてもらえる
  • 自分のお口にあった歯磨きの方法を教えてもらえる
  • 必要があればフッ素を塗ってもらえる

※定期的に歯科医院に通っている人とそうでない人では歯を失う比率が大きく異なっています。

yobo45.gif定期的に歯科医院へ通いプロケアを行うことで、歯を失うことを効果的に予防します。
仮にむし歯や歯周病にかかっても病気の程度を軽くでき、悪くなってから通院するよりも時間と費用が少なくすみます。

歯周組織のメインテナンス

目的
長期に渡り患者様自身でプラークのない状態を維持することは難しいことです。
そこで、定期的なメインテナンスにより歯周組織の健康を維持することが大切です。

初診時 プラークコントロール不十分で歯肉の腫脹を認める
mente1.png

術後 炎症が治まり歯肉が引き締まる
mente2.png

10年後 プラークコントロール良好で歯周組織を長期間健康に保つ
mente3.png

プラークコントロール抜きの歯周治療はありえないし、メインテナンス抜きの歯周治療もありえません。
歯周治療が終了しても、治療後のプラークコントロールが悪ければ再発します。
患者様自身のホームケアと、歯科医院での定期的なプロケアで、予防と管理が必要です。

mente4.pngプラークコントロールの評価。







mente5.png出血があれば、炎症の存在を示しています。







mente6.png分岐部のプラークコントロールとカリエスチェック。







mente7.pngプラークコントロールが良いと白線が明瞭になります。







mente8.png垂直性骨欠損、根分岐部など根の解剖学的形態が複雑な部位などを注意して診査します。







メインテナンスの診査と評価
全身診査
健康状態や口腔衛生状態などをお聞きして、患者様の生活状態などを把握します。

口腔の検査
プラーク付着の評価、歯周組織の診査、歯周ポケットの測定を行います。

X線写真による判定
1年に1回を目安に歯槽骨の吸収程度を観察します。

メインテナンス後の再評価
再評価の結果を患者様に伝えて、必要な場合はその処置を行います。

当ページの画像及び動画の一部は「デンタルフラッシュ3」提供の素材です。無断で複製することはできません。